同級生のM その1

磐城平と言われていわきと連想する人はなかなかのいわき通ですね。
というわけで、始まりました。ここはいわきの風俗について語り合う場です。
い方的に私が語っていくスタイルだと思いますが、どんどんマニアックな情報をアップしますので、皆さんついてきてくださいね!
話が脱線してしまうことが多々あると思いますが、そこはご愛嬌でお許しください。

早速いわきのデリヘル事情について書いていこうと思いますが、私は極度の寂しがりで、一人暮らしが嫌でで仕方がありません。
その寂しがりが災いしてデリヘルを呼びまくっている事態なのです。寂しいというのは2通りあって、本当に寂しい時と女の子と一緒にいたくて寂しい時があります。
デリヘルを呼ぶときは女の子と一緒にいたくて呼ぶことが圧倒的に多いですね。

いわきの女の子は可愛い子が多いのは当たり前ですが、性格が女の子らしくて人懐っこいのが特徴だと思います。
他県から来る人が口を揃えて言うのがだいたい上記のことですね。実際にいわきに住んでいる私もそう思います。
そして、お店の礼儀が正しいのも特徴的だと思います。
いい事づくめないわきのデリヘル業界ですが、このブログを見ているあなたも、是非いわきに来られた際はデリヘルを利用してみてくださいね。
かなり宣伝になってしまいましたが、いいものはバンバン宣伝しますよ。

昨日のことですが、友達が「同級生にデリヘル嬢になった奴がいる」との連絡が入り、色々調べていると、本当に同級生でやっている人がいるようでした。
実際にこれから呼んでみる事になったのですが、結構親しい仲だけに、会ってどう対応するか全く見当もついていません。
かなり気まずい雰囲気になるのは必至ですが、とりあえず呼んでみようと言うことになったのです。

ホテルに着くと、早速彼女の働いているお店に電話しました。

「●●ちゃんいますか?」

と言うと、受付の人は、

「はい、今日は出勤しております。」

との返事が返ってきたので、その子を呼びました。
待っている間はほんとうにドキドキして、手にはうっすらと汗をかいていました。

階段を上がって来る音が聞こえてドアをノックされると、私はゆっくりとドアを開けました。
すると、いかにも風俗の格好をした同級生のMが立っていました。
同級生のMは私をみるなりかなりやばい顔をしていました。完全に引きつった顔は、しばらく続きました。
そして、「この事は内緒にして・・・」と懇願してきます。

私は意地悪そうに、

「どうしようかなぁ〜」

と冗談で言いましたが、彼女は本気で土下座をしてきました。顔を上げると泣いているようでした。
私は、泣かせるつもりがなかったので、彼女に近づくと、彼女は私に抱きついてきました。
同級生の中でも親しい方でしたので、突然抱きついて来られるとびっくりしてしまいます。
ここで良からぬ事が起こってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です